サブメニュー

こんな違いがある銀行系

銀行系カードローンと消費者金融の違いの1つに、総量規制の対象かどうかがあります。総量規制とは過剰貸し付けを防止するための、貸付けに関する制限の法律です。

 

借入総額が年収の1/3を超える借入れを禁止しており、50万円を超える借入れ、もしくは他社含めた借入総額100万円を超える借入れ時には、収入証明書類の提示が義務付けられています。実際総量規制対象の消費者金融だとどのようなデメリットがあるのかについてまとめました。

 

年収の1/3を超える借入れができないという時点で、自分自身に収入のない専業主婦などは借入れを断られてしまいます。また、50万円を超える借入れ時には収入証明書類が必要となります。源泉徴収票などの書類の用意の手間がかかります。

 

カードローン申込時には審査結果に応じて限度額が伝えられます。消費者金融の場合、50万円を超える手続きには必要書類が増えるので、初回の限度額は50万円以内であるケースが多いです。銀行系カードローンなら、最初から50万円を超える限度額でも契約がしやすいです。

 

専業主婦でも申込み可能という点も、銀行系のカードローンならではのメリットです。収入面で不安がある、専業主婦で収入がない、という人にとっては、銀行系のカードローンがねらい目です。

 

消費者金融は少額に留まりがち

総量規制の関係や審査基準、早さの面もあり、消費者金融での借入れは銀行と比べるとどうしても少額に留まりがちとなります。週末でも最短即日の利用も可能となっている土日融資のプロミスでも、初めての契約の際にはどうしても10万円や20万円などの少額の限度額になりやすいです。

 

対して銀行系のカードローンなら初回でも審査の結果次第で大きな金額が借りられる可能性があるため、教育資金として大きな金額が必要になったときなどにも頼れます。また、車の購入の資金として、その他の何らかの要りように対しても銀行系のカードローンは頼れるので、大きな金額を借りたいとなれば銀行でのカードローン利用を考えてみるべきでしょう。