サブメニュー

銀行系カードローンのメリットとは

カードローンの契約をすれば、繰り返し借入れや返済ができます。申込みの際にも保証人や担保が必要ないので、手軽にお金を借りられます。カードローンを長年取り扱いしているのが消費者金融です。もちろん保証人や担保不要で、迅速な対応には定評があります。最短即日での融資にも対応しているので、急ぎでお金を必要としている人にとっては役立ちます。

 

その一方で最近取扱いが増えているのが銀行系のカードローンです。大手メガバンクや地方銀行だけでなく、インターネットバンキングや信用金庫などでも、個人消費者向けカードローンサービスに力を入れています。

 

手軽に借りるなら消費者金融というイメージが根強いですが、銀行系カードローンも審査にそれ程の時間はかかりません。スムーズに手続きが進めば、最短即日での融資も可能です。

 

銀行系カードローンにはメリットが多く、その点に魅力を感じて利用する人も増えています。

 

銀行で借りるカードローンの良さ

 

カードローンの金利が低い

銀行系のカードローンのメリットを考える上で、金利は重要です。消費者金融は手早くお金を貸してくれるイメージがありますが、金利は高めです。実際に適用される金利は限度額や審査結果によって異なりますが、大手消費者金融でも18.0%、中小規模の消費者金融ならそれ以上の金利が適用される可能性が高いです。

 

銀行系のカードローンの場合、選ぶ先によっても違いますが、14~15%位の金利で借りられる所が多いです。金利が低い分、毎月かかる利息を抑えてお金を借りられます。

 

金利が高いと、毎月の返済額が同じでも、その多くが利息分として消えてしまいます。元金が減らない分よく月以降の利息も高くついてしまいます。借入金額が大きい場合や返済期間が長い場合、1.0%の金利差でも返済総額に大きな違いが発生します。

 

安心して手続きができる

消費者金融も銀行も同じカードローンですが、手続きは銀行の方が安心だという人が多いです。お金を借りるという手続き自体、不安や緊張があるのが普通です。同じ緊張するにしても、一度も利用した経験がない消費者金融よりも、普段から生活に密着している銀行の方が、安心して手続きがしやすい傾向は確かにあります。

 

自分が普段から利用している銀行であれば、今まで預け入れや引き出しをしているのと同じATMで借入れや返済が出来るようになります。

 

また、消費者金融の中には闇金業者も混じっています。名前も知らないような所で契約をして、それが闇金だったらという不安もあります。銀行であればどっしりと店舗を構えているので、少なくとも闇金かどうかという心配は無用です。

 

とは言え、この面に関してはしっかりとした大手の消費者金融ならそこまで変わりはありません。消費者金融の中でも名の知れている札幌市のプロミスなら女性のためのレディースキャッシングのサービスも用意されているため、安心して借りられるようにはなっています。

 

それでも昔の悪いイメージから未だに消費者金融には良い印象を持っていない方も多いので、安心感の面で銀行が強いともされているのです。

 

総量規制の対象外

銀行系のカードローンは総量規制の対象外です。総量規制とは貸金業者の貸付けについての制限に関する法律です。消費者金融は総量規制によって、貸付けに様々な条件が付けられています。

 

例えば消費者金融では、借入総額が年収の1/3を超える借入れはできません。年収300万円の人がすでに総額100万円のクレジット契約やカードローン契約を結んでいる場合、新たな借入れはできません。また、自分自身に安定した収入のない専業主婦も、消費者金融での借入れができません。

 

総量規制の制限として、借入額が50万円を超える場合、もしくは他社を含めた借入総額が100万円を超える場合には、収入証明書類の提示が義務付けられています。源泉徴収票のような書類を用意しなければならないので、手続きが面倒になってしまいます。

 

銀行は総量規制の対象外なので、年収の1/3を超える借入れも申込み可能です。専業主婦であっても配偶者に安定した収入があれば申込み可能な銀行系カードローンもあります。収入証明書類も50万円を超える借入れでも不要で、300万円までなら収入証明書類不要な銀行系カードローンも多いです。

 

大きな金額を借りるに適する

銀行で借りるカードローンは金利面やその他の様々な面を見ても、大きな金額を借りるに適するサービスであると言えます。まとまった要りようで大きなお金が必要になったとき、他社での高い金利で借りている場合の借り換えとして利用をするときなど、銀行のカードローンは便利で頼れます。

 

借り換えとして利用をする際にも多くの借入れがある方はおまとめローンといった借り方も可能で、一本化をするおまとめとしての借り換えにも銀行のカードローンは人気です。特におまとめとしての利用に注目を集めるオリックス銀行カードローンへの借り換えなら金利負担も軽減できるようになるため、低負担で返済が進められるメリットもあります。

 

多くの利用先、借入れ先があると毎月の返済負担も大きくなってしまいますが、おまとめとしての借り換えが利用できれば余裕のある返済が進められるようになるので、銀行カードローンへのおまとめ、借り換えを考えてみるべきとも言えるでしょう。